二次検査及び追跡検査

葛飾健診センターでは、健康診断をお受けになった方には健康診断結果表(人間ドックは人間ドック結果表)を健診終了後遅くとも3週間以内にご郵送しています。また、健康診断の結果、要精密検査(E判定)、追跡検査(C判定)と判定された方には、二次・追跡検査が必要となります。注意事項をご確認ください。

検査結果のABC

各検査項目については、「検査結果の見方と活用」のパンフレットを参照してください。 検査結果の判定の説明は以下の通りです。

  • A :異常なし    この検査の範囲では異常ありません。
  • B :軽度異常    わずかに基準範囲をはずれていますが、日常生活に差し支えありません。
  • C :要経過観察   日常生活に注意を要し、経過の観察を必要とします。
              (例 C3:3ヶ月後・C12:年1回の健診)
  • D :要治療     治療を必要とします。
  • E :要二次精密検査 二次精密検査を必要とします。
  • F :治療中      継続して治療を必要とします。

検査結果についての補足

特定健診項目
腹囲は、ウェストの位置ではなく、おへそ周りの測定です。腹囲が基準値を上回り、かつ高血圧・脂質異常・高血糖のいずれか2つ以上をあわせもった状態がメタボリックシンドロームです。メタボリックシンドロームは動脈硬化の進行を早め、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。バランスの良い食事を心がけて、定期的に運動しましょう。

胸部X線検査
主に肺をみる検査です。小さな病変や、心臓・骨などと重なっている部分はわからないことがあります。肺癌が気になる方や、咳・痰などの呼吸器症状が続く方は、病院でのCT検査をお勧めいたします。また、痰をとるだけの喀痰検査で発見される肺癌が10%あります。喀痰検査はオプションにてお申込できます。ぜひご検討ください。

心電図検査
心臓の機能をみる検査です。健康診断の心電図が正常でも、胸痛や胸部圧迫感などの胸部症状がある方は循環器内科の受診をおすすめいたします。また、意識消失歴のある方やご家族が突然死された方は、遺伝性の心臓疾患が隠れている可能性があります。

胃部X線検査
主に胃をみる検査です。生活習慣病予防健診の胃部X線検査は、食道の撮影を省略しています。食べ物を飲み込みづらい・しみるなどの食道症状が続く方は、上部消化管内視鏡検査での観察をお勧めいたします。また、毎年精密検査になる方は、より精度の高い上部消化管内視鏡検査での観察をお勧めいたします

健診当日に医師の結果説明を希望の方は、人間ドックがおすすめです。


E判定またはC判定の方へ

この度は葛飾健診センターを受診していただき、誠にありがとうございました。当センターの二次精密検査・追跡検査は予約制となっております。ご予約の際は該当検査項目にご注意の上、登録番号をお伝えください。予約日に健診個人表・健康保険証・診察券(お持ちの方)をご持参の上、一階外来受付までおこしください。

二次精密検査を当センターで受診するメリット

  • • 過去にご受診されている方は、経年変化が追えます。
  • • ほとんどの検査が2 時間以内で結果が出ます。
  • • 日本医科大学関連施設ですので、日本医科大学へのご紹介がスムーズです。

予約の電話受付時間と電話番号は検査項目によって異なります。
詳細は下記をご参照ください。

血液、尿一般、超音波(腹部・頸部・甲状腺)

予約電話番号:
予約電話受付時間 月~金曜日10:00~16:30
(お昼休み12:00~13:00を除く)

検査項目
血液・尿一般・便潜血・超音波
腹部・頸部・甲状腺)
診療時間
月・水・金 午前
火・木 午後
備考
尿一般・糖代謝検査の方は来所後、採尿します。

※血液検査の内容:脂質糖代謝、肝機能、膵機能、尿酸、血液一般、腎機能、炎症性反応、TPHA精密

胸部X線、呼吸器外来、上部消化管内視鏡、肺機能

予約電話番号:
予約電話受付時間 月~金曜日14:00~16:30

検査項目
胸部X線 呼吸器外来
診療時間
午後
午前
備考
判定が「E」の方は、胸部CT検査が可能 な医療機関でのご受診をお勧めいたします。
検査項目
上部消化管内視鏡
診療時間
月~金 午前
備考
"健診後にお渡しした「~内視鏡検査の注意事項~」をご参照ください。"
検査項目
肺機能
診療時間
火・木 午後

・すでに他の医療機関にて検査を終えている方はご受診の必要はございません。
・二次精密検査等の料金は本人負担になる場合もございます。
・当日結果が出ない検査項目もあります。なお、検査結果についての電話によるお問合せは行っておりませんので、ご了承ください。
脂質・糖代謝・腹部超音波・上部消化管内視鏡については、お食事ができません。
・脱水予防のため、自宅を出る際にコップ1~2杯の水をお飲みください。
・尿の検査がある方は生理中はさけてください。

★上部消化管内視鏡検査(胃部内視鏡)や検査による麻酔で、具合が悪くなられたことがある方は、総合病院でご受診ください。